SUZ45
トップ > テレワーク人気おすすめ地方移住 > テレワーク・ワーケーションのススメ

テレワーク・ワーケーションのススメ


はじめに


テレワークは、これからますます普及していき、都心部に住む必要がなくなります。そこで、海外移住のススメについて、まとめました。


目次


トップページ

  1. ニュース・政策
  2. 地方移住人気ランキング
  3. 人気地方移住先の特徴
  4. まとめ

関連ページ


ワーケーション


ワーケーションとは

「ワーケーション」とは、英語の「ワーク」と「バケーション」を合わせた造語です。「Web会議サービス」を利用したテレワークの環境次第では、観光地・リゾート地、さらには短期の海外移住なども可能でしょう。

2019年11月、ワーケーションによる地域振興を期待して、7道県と58市町村で構成する「ワーケーション自治体協議会」が設立されました。

観光庁はリゾートや観光地で働きながら休暇を過ごす「ワーケーション」を推進するため、興味を持つ企業と受け入れを目指す自治体のマッチングを始めます。社員の新たな働き方を探る企業と、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が落ち込んだ宿泊事業者を引き合わせることで新たな旅行需要の開拓につなげるのが、狙いです。

観光地・リゾート地

観光地・リゾート地で、ワーケーションをするには、季節も関係して来ます。以下、季節ごとの人気ランキングです。混んでいるかも知れませんが、朝などに散歩に出かけ、昼は、働きましょう。

  1. 軽井沢(長野):多くのホテルがあるので、夏だけの短期滞在に最適。充実したワーケーションを堪能できます。
  2. 軽井沢
  3. 白樺高原(長野):白樺高原は、標高およそ1,500mの場所に広がる長野県屈指のリゾート地。長野県では、数年前から「リゾートテレワーク」をコンセプトに県内でのワーケーションを推進していました。
  4. 札幌(北海道):東京から飛行機で約1時間40分と、意外と近い。夏の平均最高気温は。25度〜26度。ただ、30度を超える日もあるし、今は、新型コロナウイルスも心配です。

  1. 竹田城跡(兵庫):秋には雲海が発生し、その幻想的な光景を一目見ようと全国から多くの観光客が押し寄せます。雲海が見られる時期は9月〜12月、時間帯としては明け方頃から午前7時半頃まで。
  2. 嵐山(京都):紅葉とともに、観光スポット巡り、懐石料理など、様々な体験を楽しめます。
  3. 天空のダリア祭り(静岡):富士山の裾野にある「遊園地ぐりんぱ」で、例年8月初旬〜10月中旬に開催されます。富士山を背景に秋の花畑鑑賞が楽しめる、人気のイベントです。

  1. 沖縄:冬は、やっぱり沖縄!
  2. 沖縄
  3. 白川郷(岐阜):数ある建築物の中で、寺社仏閣や城と並んで日本的美の極みとも言えるのが、この白川郷の合掌造り。季節ごとに表情を変える白川郷ですが、純白の雪に覆われ、夜にはライトアップも行われる冬が特におすすめです。
  4. 銀山温泉(山形):山形県尾花沢市の山間にひっそりと佇む「銀山温泉」は大正ロマンの風情が薫る温泉街。NHK連続テレビ小説『おしん』の舞台となったことで一躍脚光を浴び、その名が全国的に広がりました。

ホテル

観光地・リゾート地で、ワーケーションをするには、ホテルに滞在することが多いと思います。以下、ワーケーションに対応したサービスをしているホテルです。

海外移住

海外移住先人気ランキング

海外移住先のランキングをご紹介します。一応、テレワークの会議などもあるので、時差が少ない国が良いでしょう。「ビザ」の取得も考慮する必要があるかも知れないので、ビザの取りやすさも考慮しましょう。テレワークが、どのような扱いになるかは、対応が分かれる可能性があるので、各国の駐日大使館、必要であれば渡航国の入国管理局に問い合わせてみましょう。

順位 人気の都市
一位 タイ
二位 ニュージーランド
三位 オーストラリア
四位 インドネシア
五位 マレーシア

各国の観光案内

海外移住と言うより、只の観光案内みたいになってしまいましたが、こう言うところで働くのも、楽しそうです。

  1. タイ国政府観光庁」:海と山に囲まれた国土に広がる大自然、さらに悠久の歴史を刻む荘厳な遺跡や寺院など、タイには美しい観光スポットが数多く存在しています。近年は、洗練された商業施設も続々とオープンし、注目を集めています。
  2. タイ
  3. ニュージーランド政府観光局」:手つかずの大自然、豊かな文化が育まれている国、ニュージーランド。
  4. オーストラリア政府観光局」:シドニーは、世界で最も視覚的に美しい都市の一つです。しかし、それを特別なものにしているのは、地元の人々の日常生活と一般的なライフスタイルです。
  5. オペラハウス
  6. インドネシア共和国観光省」:17,000の島々、200以上の部族、300を超える言語、聞いただけで本当に一つの国なのか疑いたくなってしまうほど、広大な島々と文化に満ち溢れた国インドネシア。
  7. タナロット
  8. マレーシア政府観光局」:地元では「KL(ケーエル)」の愛称で親しまれる首都・クアラルンプール。
  9. クアラルンプール

↑ ページのトップへ戻る ↑

シェアボタン


Tweet Facebook LINE

免責事項・著作権表示


情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.