SUZ45
トップ > テレワーク人気おすすめ地方移住 > テレワークのススメ

テレワークのススメ


はじめに


テレワークは、これからますます普及していき、都心部に住む必要がなくなります。そこで、地方移住のススメについて、まとめました。


目次


トップページ

  1. ニュース・政策
  2. 地方移住人気ランキング
  3. 人気地方移住先の特徴
  4. まとめ

関連ページ


テレワークについて


Web会議サービス

Web会議サービス」の普及で、テレワークでも、十分な意思疎通ができるようになりました。

zoom,Messenger Rooms,Google Meet,Skypeの比較表

項目 zoom Rooms Meet Skype
運営会社 zoom Facebook Google Microsoft
参加人数 100人 50人 100人 50人
制限時間 40分 制限なし 1時間 制限なし
チャット グループチャット できない チャット機能 チャットメッセージ
録画 ワンタッチでPC録画 できない 一般ユーザーは不可 通話を30日間保存
ダウンロード(主催者) 必要 必要 必要 無くても良い
ダウンロード(参加者) ブラウザで対応 ブラウザで対応 必要 ブラウザで対応
主催者のID制 サインアップ Facebookアカウント Googleアカウント 必要なし
参加者のID制 必要なし ログインなしでもOK 必要なし 必要なし
参加方法 ミーティングID 招待URL 会議コード リンクの共有
背景画像 バーチャル背景 フィルター 「Snap Camera」 背景をぼかす。
有料版 あり なし あり あり
まとめサイト zoom Rooms Meet Skype

実施率

特に、新型コロナウイルスの影響で、テレワークが一気に広まりました。

実施率

テレワークにしようとしている方の為の情報

テレワークとは、「情報通信技術(ICT)を活用して、時間や場所を有効に活用しながら、柔軟に働くことです。Tel(離れて)とWork(仕事)を組み合わせた造語です。頻度にもよりますが、時々会社に出社するだけで良いので、地方移住の動機にもなります。

テレワークには、自宅で働く在宅勤務、移動中や出先で働くモバイル勤務、 本拠地以外の施設で働くサテライトオフィス勤務などがあります。

テレワークを導入する会社・自治体の為の情報

テレワークについては、厚生労働省の「テレワーク総合ポータルサイト」の情報が、充実しています。下図は、2015年の時の海外の企業のおけるテレワーク導入率です。

テレワーク導入

テレワーク導入企業の情報」も参考になります。

内閣府と内閣官房は、2020年9月25日、サテライトオフィスの整備などの地方創生につながるテレワークを推進する自治体向けの交付金を2021年度に創設する方針を固めました。交付金は、東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川の4都県)を除く自治体が対象で、サテライトオフィスやシェアオフィスなど受け入れ体制の整備の為の事業費の4分の3を支給することを検討しています。

テレワークの将来


↑ ページのトップへ戻る ↑

シェアボタン


Tweet Facebook LINE

免責事項・著作権表示


情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.